東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻の野崎京子教授と楠本周平助教は、木材等のバイオマスの主成分リグニンの部分構造に多く含まれる炭素と酸素の結合を選択的に加水素分解する新しいイリジウム触媒を開発し、Nature Communications誌で2015年2月23日に発表した。水素によるフェノール類の脱酸素反応と、水素による芳香族メチルエーテルからのメチル基の除去を達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)