2015年1月7日、米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は、14対0でドイツSandoz社のG-CSF製剤EP2006の承認を推奨した。EP2006は「Neupogen」(フィルグラスチム)を先発品とするバイオ後続品(バイオシミラー)である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)