ヒト間葉系幹細胞の分化度とアルカリホスファターゼ活性のデータを用いて細胞を非破壊的に評価するアルゴリズムの開発に成功した名古屋大学大学院創薬科学研究科創薬生物科学講座細胞分子情報学分野准教授の加藤竜司氏。細胞の品質管理に関する研究動向について加藤氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)