国内の季節性インフルエンザワクチンは、タイプも投与法も製造法も各社横並びだった。しかし数年以内に、従来とは異なるタイプや投与法の新規ワクチンが続々登場する見通し。製品の多様化を契機に、これまで無風だった市場で各社のシェア争いが始まりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)