オーストラリアMesoblast社が開発した同種細胞医薬であるMSC-100-IVで治療を受けた160人の小児患者のデータが、2015年2月14日サンディエゴで開催された2015年米国骨髄移植学会議(ASBMT)で発表された。MSC-100-IVは、重篤なステロイド抵抗性の急性の移植片対宿主病(aGVHD)の治療薬である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)