米Ignyta社は2月17日、米食品医薬品局(FDA)がTrkA陽性、TrkB陽性、TrkC陽性、ROS1陽性、もしくはALK陽性の大腸癌の治療のため、新規チロシンキナーゼ阻害薬entrectinibをオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)に指定したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)