ゲノム情報を用いて創薬を行えば、創薬プロセス全体を効率化できる可能性がある。GWASと既存薬のデータを組み合わせればドラッグリポジショニングへの応用も。ゲノムが変化する癌に対しては、時間を追って遺伝子解析する必要がありそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)