糖鎖情報を使って再生医療における細胞の品質評価や管理に役立つ情報を提供していきたい──。産業技術総合研究所幹細胞工学研究センター主席研究員で糖鎖レクチン工学研究チームの平林淳氏と舘野浩章氏は、同グループで作製したレクチンマイクロアレイを用いた細胞の評価に関する研究の現状と展望について語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)