一般社団法人日本肥満症予防協会は2015年2月12日、記者発表会を都内で開催した。協会のホームページ(http://himan.jp)を開設して、3月中旬から情報提供を正式に開始する。情報提供の対象は、医師、医療スタッフ、保健指導スタッフ、一般肥満症者、メタボリックシンドローム対象者だ。4月には都内で設立記念セミナーを開催し、5月から9月まで地域巡回イベントを開催する。10月には肥満症予防週間を制定する。松澤佑次理事長は「肥満症予防ネットワークを構築して情報を提供し、実践活動を行う担い手として協会を設立した」などと趣旨を説明した。理事16人は次の通り。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)