国立成育医療研究センター病院眼科の東範行医長らは、ヒトiPS細胞から軸索を持つ網膜神経節細胞を作製し、2015年2月10日都内で記者会見を実施した。先天性や緑内障などによる視神経疾患を対象とした薬効評価に応用できる可能性がある。研究成果はScientific Reports誌に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)