医薬品医療機器総合機構再生医療製品等審査部の佐藤大作部長は2015年2月6日、都内で開催されたシンポジウム「がん免疫療法―戦略的開発とレギュレーションの調和―」で、癌免疫療法に関する規制の在り方について講演。免疫療法の開発において、その特性を踏まえて考慮すべきポイントなどについて、考えを述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)