米Washington大学St. Louis校は2015年1月30日、International Center for Advanced Renewable Energy and Sustainability(I-CARES)の所長であるHimadri Pakrasi教授率いる研究チームが、増殖速度の速いシアノバクテリア株Synechococcus elongatus UTEX 2973を同定したと発表した。このシアノバクテリア株は藻類コレクションの中から再発見されたもので、バイオテク・アプリケーションに有望視されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)