三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学講座の影山愼一教授は2015年2月6日、都内で開催されたシンポジウム「がん免疫療法―戦略的開発とレギュレーションの調和―」に登壇し、厚生労働省の研究班が作成した癌免疫療法のガイダンスについて解説した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)