大手製薬企業は再生医療など新規技術への取り組みで差異が目立ち番付にも影響した。上場ベンチャーは申請中の品目の審査長期化や経営者の迷走で番付を落とす企業もあった。癌免疫療法で新規抗体医薬の承認を取得した小野薬品工業は一気に大関へ昇進した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)