2015年度のバイオ関連予算の総額は前年度比からは減額となる2634億円となった。政府の成長戦略のけん引役の1つであるAMED関連予算は要求がおおむね認められた。一方で、2014年末の補正予算で総額1861億円が認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)