フランスDeinove社は2015年1月21日、バクテリアDeinococcusによるイソプレノイドの生産性を大幅に改善することに成功、Deinochem green chemistryプログラムの最初の重要なマイルストーンをクリアしたと発表した。このプログラムは、フランス政府によるイニシアチブ「Investing for the Future」という枠組みの下で、フランス環境・エネルギー管理庁(ADEME:French Environmental and Energy Management Agency)から助成金が提供されている。最初のマイルストーンを達成したので、ADEMEと交わした支援契約に基づき、Deinove社は2015年2月初めに約100万ユーロの貸付金を受け取ることができる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)