理化学研究所は2015年1月9日、発生・再生科学総合研究センター(Center for Developmental Biology:CDB)を改組して発足させた多細胞システム形成研究センター(Center for Developmental Biology:CDB)のセンター長に、大阪大学大学院生命機能研究科の濱田博司教授を内定したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)