PCR法が分子生物学の方法論を一変させたように、ゲノム編集技術の爆発的な普及が、今まさに生命科学研究を次のステージへといざなっている。ウイルスや培養細胞を含む全ての細胞・生物がその対象であり、標的となり得る配列はゲノム上の全配列である。しかしこれだけ汎用性が高く、利用目的も研究者間で様々であるからこそ、技術の普及が進むにつれて、共通認識にできる要素とできない要素が徐々に明確になりつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)