協和発酵バイオの遺伝子組換え大腸菌AHD株を利用して生産するL-ヒドロキシプロリンが、食品添加物(調味料と強化剤)として厚生労働省の安全性審査手続きを終えた。「添加物の高度精製品」としての食品健康影響評価書を食品安全委員会が2015年1月7日に厚生労働省に通知したことを、食安委と厚労省が公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)