米エネルギー省(DOE)傘下のJoint Genome Institute(JGI)は2015年1月20日、DOE Bioenergy Research Center(BRC)の1つであるJoint BioEnergy Institute(JBEI)とJGIの研究者たちが、大腸菌によるテルペン類の生産性を改善できる可能性のある代謝経路遺伝子を識別したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)