オランダのAM‐Pharma B.V.社は2015年1月20日、敗血症性急性腎障害(AKI)患者を対象とした組換えヒトアルカリフォスファターゼ(recAP)のフェーズIIの最初の3人の患者を登録したと発表した。臨床試験は9カ国の50カ所で行われる予定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)