米農務省(USDA)のAnimal and Plant Health Inspection Service(APHIS:動植物検疫所)は2015年1月20日、米Monsanto社が開発したDicambaなどの除草剤に抵抗性のあるダイズ品種とワタ品種の規制を解除するという決定を下したと発表した。この発表は「Notice」という形で2015年1月20日付のFederal Registerに掲載されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)