米Anellotech社、フランスの公的なエネルギー研究機関IFP Energies nouvelles(IFPEN)、およびIFPENが出資しているフランスAxens社は2015年1月19日、Anellotech社のCatalytic Fast Pyrolysis(CFP:触媒を用いた急速熱分解)プロセスを使い非食用バイオマスからバイオベンゼン、バイオトルエン、およびバイオパラキシレンを低コストで生産する新しい技術を開発し商業化するため、戦略的提携関係を結んだと発表した。大規模生産に必要な技術を開発し、石油由来品と比べても非常に競争力のある価格で、現在ある誘導体合成プロセスに適合した精製芳香族化学品を生産することを目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)