湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)は、2015年1月21日に再生医療に関する記者会見を実施した。会見では、自家の脂肪組織由来間葉系前駆細胞を利用した乳房再建の臨床研究の終了と、昨年11月から施行された再生医療等安全確保法に準拠した再生医療の提供を開始したことを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)