「miRNAと癌との関係性は人種差が少ないため、日本人での解析結果で世界をリードできるだろう」国がんの落谷教授に聞く

(2015.01.22 09:58)1pt
高橋厚妃

 血中のmiRNAを検出して癌の早期診断を目指す研究プロジェクトが2014年8月に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援で始動した(関連記事)。昨年開催された学会やシンポジウムでも、血液を採取して疾患の診断を行うリキッドバイオプシー(LB)が数多く取り上げられるなど、今この分野が大学などの研究者や医師、製薬企業から注目されている。プロジェクトで研究代表を務める国立がん研究センターの落谷孝広教授が、2015年1月9日本誌の取材に応じ、LBの研究開発の状況を語った。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧