2011年の福島第一原子力発電所の事故以降、農林水産物の放射性物質汚染に苦しんできた福島県で、2014年産米の検査がほぼ終わった。ベルトコンベヤー式の検査が全量・全袋に行われ、1077万6007袋を検査し99.98%は検出限界(25 Bq/kg)未満。25-50 Bq/kgが1855点(0.02%)、51-75 Bq/kgが11点(0.0001%)、76-100 Bq/kgが1点(0.00001%)だった(2015年1月9日現在)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)