米Massachusetts州立大学Amherst校は2015年1月2日、植物遺伝学のSam Hazen准教授並びに米California大学Davis校のSiobhan Brady助教らの共同研究グループが、植物細胞壁中の3種のポリマー、すなわち、セルロース、ヘミセルロース、およびリグニンの生合成により細胞壁の肥厚をコントロールする遺伝子調節ネットワークを明らかにしたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)