調査会社のIMS社によると、2014年における米国の薬剤費支出は対前年比で400億ドル(約12%)増加し、約3800億ドルになると予測されていた。過去5年間は平均3.6%の増加であったため、昨年は急増したという状況だ。原因としては、C型肝炎で高薬価の新薬が導入されたことや特許切れした製品が少なかったことが挙げられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)