科学技術振興機構(JST)は、JSTの研究開発成果の実用化を目指すベンチャー企業に出資する新プログラムSUCCESS(出資型新事業創出支援プログラム)の第1号案件を決定したと、2015年1月20日に発表した。睡眠脳波計測・評価のベンチャー企業、スリープウェル(大阪市、吉田政樹代表取締役)からの第三者割当増資を引き受ける。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)