国立精神・神経医療研究センターが脳脊髄液を対象としたバイオバンクプロジェクトを進めている。1月19日に都内で開催された第1回ヒト生体試料科学研究会シンポジウムで国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンターの服部功太郎氏が同センターのバイオバンク事業について概要を紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)