米エネルギー省(DOE)傘下のコロラド州にあるNational Renewable Energy Laboratory(NREL)は2015年1月12日、植物バイオマスを糖類に変換するのに現在使用されている酵素カクテル中のセルラーゼ「Cel7A」よりも14倍も速く、しかも安価に糖類に分解できる酵素を開発したと発表した(関連記事)。バイオマスからバイオ燃料を生産する経済性が大きく改善される可能性が出てきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)