進行肝細胞癌の1次治療として、経口のトリプルアンジオキナーゼ阻害薬nintedanibはソラフェニブと同等の効果があることが、多施設共同ランダム化フェーズII試験で明らかになった。nintedanibの副作用は管理可能だったが、安全性プロファイルはソラフェニブとは異なっていた。英国University of Liverpool Cancer Research UK CentreのDaniel H. Palmer氏らが、1月15日から17日までサンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI2015)で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)