東京大学大学院薬学系研究科の清水敏之教授らは、1本鎖RNAを感知して自然免疫系を活性化するToll様受容体8(TLR8)がRNA分解物を認識することを、詳細な3次元構造解析により見いだした。Nature Structural & Molecular Biology誌で2015年1月19日16時(英国時刻)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)