米DuPont社と米Monsanto社は2014年12月23日、セントルイスの米連邦地裁で係争中のそれぞれの特許侵害訴訟を取り下げて和解することに合意したと発表した。係争中の特許訴訟は、DuPont社がMonsanto社の種子粉砕特許を侵害しているというMonsanto社による訴訟と、DuPont社の種子処理技術に関する特許をMonsanto社が侵害しているというDuPont社による訴訟であった。和解の具体的な内容については明らかにされていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)