細胞アッセイ研究会はシンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」を2015年1月13日に東京大学生産技術研究所コンベンションホール(東京・目黒)で開催し、180人近くが参加し、参加企業数は47社に上った。メーンテーマは「Human/Organs-on-a-chip」。基調講演3を行った米Harvard University Wyss Instituteの鳥澤勇介氏は、米国防総省高等研究計画局(DARPA)や米食品医薬品局(FDA)、米国立衛生研究所(NIH)の取り組みなどを紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)