米Eli Lilly社と米Merck社は1月14日、Merck社の抗PD-1抗体pembrolizumabとLilly社の複数薬剤の併用における安全性、有効性を評価する癌領域の複数の臨床試験で協力することで合意したと発表した。評価されるLilly社の薬剤候補としてペメトレキセド、ramucirumab、necitumumabが挙がっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)