米研究製薬工業協会(PhRMA)は、2014年12月18日、「C型肝炎との闘い25年の歩み:挫折と成功への踏み石」(Twenty-Five Years of Progress Against Hepatitis C:Setback and Stepping Stones)と題する報告書を発表、その中で、ここ3-4年におけるインターフェロン(IFN)投与を不要とし、治癒率の高い抗ウイルス剤の登場など進展が顕著なC型肝炎治療薬開発の歴史を振り返った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)