米Pacific Ethanol社と米Aventine Renewable Energy Holdings社は2014年12月31日、最終的な合併契約を締結したと発表した。この契約によりPacific Ethanol社はAventine社の全ての発行済み株を株式交換により取得して合併する。米国西部地域で低炭素再生可能燃料を生産販売しているPacific Ethanol社と米中西部をベースにエタノールや関連製品を生産しているAventine社が合併することにより、バイオエタノールの生産とマーケティングにおける相乗効果を米全域に拡大することを狙っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)