東京大学医科学研究所の村山秀之氏らは、マウスのエピブラスト幹細胞(EpiSC)にEカドヘリンを過剰発現させる、またはWnt信号伝達に対する阻害薬を作用させることにより、βカテニンの核への局在を抑制すると、胚性幹細胞(ESC)様の細胞(rESC)を効率よく得られることを明らかにした。詳細は、Stem Cell Reports誌2015年1月13日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)