E3ユビキチンリガーゼであるHUWE1は癌において脱制御されており、腫瘍形成に関与する。今回英Manchester大学のLynsey Vaughan氏らは、HUWE1が、RAC(Rho-like GTPase)活性化因子であるTIAM1(T-cell lymphoma invasion and metastasis1)の分解を通じて、細胞移動と浸潤に重要な役割を果たすことを明らかにし、詳細をCell Press誌電子版に2014年12月24日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)