米Selecta Biosciences社は2014年12月23日、同社が研究開発を進めているヒトパピローマウイルス (HPV)への感染を原因とする子宮頸癌や頭頸部癌の治療のためのSVP免疫療法を開発するため、ロシアのSkolkovo Foundationから320万ドルのグラントを受領したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)