年が明け、越年した来年度政府予算案も数日後の補正予算案の後、10日ほどで閣議決定されることになるだろう。しかし、今回の予算査定は例年になく厳しく、科学技術関係予算も聖域なく切り込まれているようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)