九州大学で遺伝子治療薬の医師主導治験が実施されている。適応症は間歇性跛行。2014年10月に投与が始まり、年末までに2症例を登録した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)