死亡事故などの影響による冬の時代に耐えてきた遺伝子治療に雪解けが訪れているようだ。遺伝子治療の対象は慢性疾患や癌に拡大しており、新たな臨床試験が計画されている。東京大医科研は遺伝子治療の実用化促進を狙い組織横断的なセンターを立ち上げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)