1次代謝物などを中心に解析が進んでいるメタボローム研究だが、近年、脂質を対象としたメタボローム解析(脂質メタボローム、リピドームとも)が注目されている。超臨界流体を用いた脂質の分析法の研究を進めている大阪大学工学研究科先端工学専攻准教授の馬場健史氏に、脂質メタボローム研究の最新動向について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)