農業生物資源研究所(生物研)農業生物先端ゲノム研究センターゲノム機能改変研究ユニットの土岐精一ユニット長と横井彩子特別研究員らは、昆虫由来の「動く遺伝子」であるpiggyBacを利用して、選抜のための目印となる遺伝子を、余分な塩基配列を残すことなくイネのゲノムから完全に除去する技術を実現した。生物研が2014年12月25日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)