日本医学会が主催する第146回日本医学会シンポジウム「がんの非侵襲的診断法の最前線」が2014年12月18日に開催された。その中で和歌山県立医科大学内科学第三講座の山本信之教授が、肺癌患者を対象としたリキッドバイオプシーの研究開発について講演した。山本教授は、同大学の腫瘍センター長と治験管理センター長も務める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)