第10回医療機器産業研究会「医療用ソフトウエアの開発と規制~今何をすべきか~」(医療機器センター附属医療機器産業研究所主催)が2014年12月16日に開催された。同研究所の菊池眞所長は、「今回の研究会は、古参の企業のみならず、医療用ソフトウエア開発に新規参入を考えている企業も対象に設定した。定員700人の同研究会は、申し込み開始後3日後には満員になった」と話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)