理化学研究所は2014年12月19日、STAP現象の検証実験に関する記者会見を開催。理研研究不正再発防止改革推進本部検証実験チームのチームリーダーを務めた相澤慎一氏は会見の冒頭、「STAP現象を再現することはできなかった」と報告した。検証実験の結果を受けて理研は、当初2015年3月まで予定していた検証実験を終了する。また、小保方晴子研究員が2014年12月21日付で退職することも、併せて明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)