消費者委員会入居ビル
消費者委員会入居ビル
画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日経バイオテク/機能性食品メール】
    【2014.12.12 Vol.167】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。

 今日は都内で開かれた文部科学省科学研究費新学術領域研究「ゲノム支援」公開シンポジウム「次世代ゲノム科学の最前線」や、CBI学会第357回研究講演会「Special Population(人種、腎疾患、肝疾患、小児)における薬物動態の予測の現状と将来展望」に参加しました。

 今週は月曜日(12月8日)の消費者委員会本会議で、「機能性表示食品(仮称)」の制度化に関連する食品表示基準の制定に係る答申がなされました。

http://www.cao.go.jp/consumer/iinkaikouhyou/2014/index.html

[2014-12-3]
消費者委員会、機能性表示食品(仮称)の答申は12月9日へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141203/180934/?ST=ffood

 その翌日の12月9日には、消費者委員会の第36回食品表示部会が開催され、栄
養機能食品の対象に、n-3系脂肪酸などを追加する内容が決まりました。

http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/bukai/036/shiryou/index.html

[2014-10-17]
栄養機能食品の対象にn-3系脂肪酸や野菜・果物を追加へ、
消費者庁がパブコメ開始
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141017/179628/?ST=ffood

 n-3系脂肪酸についてパブコメで寄せられた意見として4件示され、意見に対する
考え方として「食品表示基準案におけるn-3系脂肪酸の機能の表示は、我が国とし
ての健康栄養政策との整合の観点から、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」
策定検討会報告書に記載された科学的根拠を基に検討されたものです」と示されま
した。

 2013年6月の閣議決定で「2015年3月までに措置をすること」と、おしりが決まっ
ているだけに、新制度に向けた取り組みが順調に進んでいます。

 一方、食品安全委員会では来週水曜日(12月17日)9時半から「第7回高濃度にジ
アシルグリセロールを含む食品に関するワーキンググループ」が開催されます。

http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_dag_annai7.html

[2014-7-4]
【機能性食品 Vol.145】徳島の睡眠学会で注目発表、
食安委のジアシルグリセロールWGが2年ぶり開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140705/177458/?ST=ffood

 また食品安全委員会は12月10日から、トクホ表示許可申請がなされている「キリ
ン午後の紅茶 ヘルシーストレート」の食品健康影響評価に関する審議結果(案)
について意見・情報の募集を開始しました。

http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_nf47_kiringogotea_261210.html

[2014-1-20]
食後中性脂肪の上昇を抑制する紅茶ポリフェノール配合のキリン「午後の紅茶」、
食品安全委員会が1月20日から審査開始
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140120/173384/?ST=ffood

 最後に、日経バイオテクONLINE機能性食品版の注目記事を紹介します。植物性
乳酸菌の花粉症対策の発酵殺菌果汁飲料を、ヤクルト本社がいつ商品化するか、
注目です。また、花王の茶関連研究の出願特許数は360件とのこと、改めて同社の
特許戦略を知らされました。

[2014-12-11]
ヤクルト、植物性乳酸菌発酵殺菌柑橘飲料でスギ花粉症対策、
2010年の介入試験成果を論文発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141211/181067/?ST=ffood

[2014-12-11]
花王が静岡県立大に産学連携講座、茶カテキンなどポリフェノール研究の拠点へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141211/181069/?ST=ffood

 今年から日経バイオテクで月1回連載している「機能性食材研究」の第12回は、
玄米の機能性成分についてまとめました。

[2014-12-12]
日経バイオテク12月8日号「機能性食材研究」(第12回)、イネ(コメ)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141212/181074/?ST=ffood

 このうち花王の動向については、次の記事で詳しく報道しました。

[2014-12-5]
花王、インクレチンGIP「上昇抑制剤」の特許登録第3弾は玄米成分、続いて大豆も公開にhttps://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141205/180956/?ST=ffood

 締切時間になりましたので、ここで失礼します。なお、ここ1週間の機能性食品
関連の記事や記者発表のリストは、このメールの最後に載せました。ご覧いただけ
れば幸いです。

 なお、上記で紹介した日経バイオテクONLINEの記事は、第1パラグラフまではど
なたでもご覧になれますが、第2パラグラフ以降も含む記事全文をご覧いただくに
は、有料会員になっていただく必要があります。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版では、月額本体952円(+税)の会費(クレ
ジットカード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文をお読みい
ただけます。

 アーカイブに格納している10年以上前からの2000本以上の記事も、記事末尾の
関連記事リンクや、キーワード検索などで、ご覧いただけます。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/

日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 最後に、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない
記事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てを
お読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要です。

           日経BP社
           日経バイオテク編集
           河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html